ブログ

コロナ禍の省力化に受け入れられる 豚自動精液採取機”コレクティス”

人工授精 コレクティス 豚精液採取 フロンティアインターナショナル
日本の乳牛の搾乳が、手での搾乳から搾乳器での搾乳に変わり始めたのが1960年頃と記憶しています。 また1965年頃の西ドイツでは、好景気で若者が3Kの農業を嫌い、町や工場で働く傾向にありました。 その対策として西ドイツ政府は外国からの低賃金の労働者を受け入れることにしました、並行して農業の機械化が急速に進歩しました。 フランスIMV社が開発した豚自動精液採取機“コレクティス”は、まさにコロナ禍での省力化に伴う養豚生産業界に受け入れられる時代到来となりました。 手による精液採取は、*採取者による精液採取時の危険性が高い *採取者により採取量にむらがある *低い位置での採取による労働の負荷、等によるものです。 数年前は「そんなこと出来るわけない」から、数年後は「昔は手で採取していたの!?」になることを確信します。 フロンテイアインターナショナル K

「コレクティス」詳しくはこちら

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください
TEL 044-980-2226(9:00~17:00)
お問合せ
(受付時間外、土日祝日のお問い合わせにつきましては、翌営業日以降のお返事となります)
ページ上部へ戻る

関連記事

養豚資材・畜産資材通販 フロンティアインターナショナルオンラインショップ
養豚資材・畜産資材通販 フロンティアインターナショナルカタログ一覧へ

最近の記事

株式会社フロンティアインターナショナル経営者ブログ
ページ上部へ戻る